ライフハック工房

生活に役立つ書籍や英語の論文や記事を翻訳して紹介。 できるだけ他のメディアに日本語訳されてないものを扱います。 書籍からも知識を提供。 主なトピックは脳科学/心理学/ビジネス/言語習得/健康など。 https://twitter.com/LifehackFactory

アメトーーク勉強大好き芸人の勉強法を科学的に応用してみた!学習順番を変えるだけで効率を爆発的に上げる系列位置効果とは!?

勉強大好き芸人のみなさん、こんにちは。

ライフハック工房です。

今回も勉強大好き芸人の勉強法を科学的に分析してみます。

 

前回の勉強法の記事を覚えていますか?

 

lifehuckfactory.hatenablog.com

 

ロダンの宇治原さんが10分の勉強を6回やればいいと進めていました。

f:id:lifehuckfactory:20170320141514p:plain

 

これを応用したのがポモドーロテクニックです。

25分間集中して、5分休憩するのがベストと話しました。

このポモドーロテクニックと組み合わせると強力なテクニックを紹介します。

 

学習の順番で記憶力が変わる!系列位置効果とは?

実は勉強する順番が記憶の定着と関係してるんです。

これを系列位置効果といいます。

学習する順番と記憶力の関係は次のようなものです。

 

  • 初頭効果:一番最初に勉強したことが覚えやすい
  • 終末効果:一番最後に勉強したことも覚えやすい
  • 真ん中は一番記憶に残らない

 

学習したことの最初最後が一番思い出しやすいんです。

つまりポモドーロテクニックなどを使って時間を細切れにすると、

 

集中力が上がる

 

だけではなく

 

学習の最初と最後が増えるので記憶に残りやすいんです。

 

系列位置効果を利用して、学習の順番を変えること!

「最初と最後が記憶に残りやすい」という系列位置効果がわかったところで、これを利用しましょう。

ここでは3つのポイントがあります。

  1. 間違えやすいところを最初と最後に学習する
  2. 覚えたいところを最初と最後に学習する
  3. 復習の順番を変える

 

1と2については詳しく説明する必要はありませんね。問題集で間違えてしまう問題や勉強中に覚えておきたい重要なことは最初と最後に学ぶと記憶に定着して効果的だということです。

 

3について詳しく説明します。

真ん中は一番覚えづらいという話を覚えていますか?

具体的に言い換えると本や問題集の内容が1章から10章まであるときに、4章〜7章くらいの真ん中の単元が一番記憶に残りづらいってことです。

なので復習するときは勉強する順番をシャッフルしましょう!

これで真ん中が覚えづらいっていう難点を克服できます。

 

この勉強法シリーズはまだまだ続く予定です!

みなさんが効率よく勉強する役に立てれば嬉しいです。

 

参考文献

実験心理学が見つけた 超効率的勉強法: ~復習はすぐやるな! 思い込みで点数アップ!

f:id:lifehuckfactory:20170320144608j:plain

勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意 (サイエンス・アイ新書)

f:id:lifehuckfactory:20170320144736j:plain

 

 

 

勉強大好き芸人の勉強法まとめ

 

lifehuckfactory.hatenablog.com

lifehuckfactory.hatenablog.com

 

 Twitterアカウントはこちら!

 

twitter.com